ニキビが治らない

ニキビが治らない大人への指南書

ニキビにも洗顔が有効です

ニキビを予防するための洗顔ですが、思春期ニキビだけでなく、大人ニキビにも効果を期待できます。
では、大人ニキビってどういうものを指すのでしょうか。
もともと、思春期には皮脂分泌が盛んになることで顔にニキビができやすくなりますよね。
この年代にできるニキビのことを思春期ニキビと呼んでいます。
他方、思春期を通り越して20代以降もニキビができやすい人がいます。
食生活や体質の問題でどうしてもニキビができやすい人も居ます。
しかも、一度治ったとしても、また再発するなど大人ニキビは厄介です。
では、この大人ニキビに対する対処方法はどのようにすればよいのでしょうか。
やはり、思春期ニキビと一緒で、洗顔が一番大切な役割を果たすことになります。
ニキビを防ぐためには、とにかく顔の皮脂分をしっかりと除去すれば良いと思いがちですよね。
しかし、皮脂をやみくもに取り去ってしまうと、肌がさらに皮脂を補うために分泌を行ってしまいます。
すると余計に皮脂分泌が盛んになり、ニキビ対策には悪影響を与えてしまうのです。
過度な洗顔による皮脂の除去は逆効果となってしまうのです。
適切な洗顔を行うためにも、適度な皮脂分は肌に残すように行いましょう。
肌の上についてしまった汚れを落とすことを第一として洗顔を行う必要があります。
また、洗顔を行った後には、きちんと肌に潤いを与えてあげることも大切です。
化粧水や美容液を付けるなどして肌に水分を補充してあげましょう。内側だけでなく、外側からも肌の潤いを守ることがニキビ対策には効果的ですよ。

ホルモンバランスとニキビの関係

よく、思春期になるとニキビができやすいと言いますよね。
だけど、大人になってもニキビができやすい人も居ます。
この原因は一体何なのでしょうか。
大人ニキビの原因として取り上げられるのがホルモンバランスの乱れです。
もともと、ニキビの原因となるのは過大な皮脂分泌が挙げられます。
毛穴に余分な皮脂が詰まることで、皮膚が炎症を起こしてニキビになっていきます。
この皮脂の分泌量をコントロールしているのが性ホルモンの一種です。
男性の体を男性らしく保つための男性ホルモンは、毛髪の促進だけでなく、皮脂分泌も促進させる働きがあります。
また、女性の黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンにも、皮脂分泌を促進させる働きがあります。
このプロゲステロンは女性の排卵期後に多く分泌され、およそ2週間分泌が続きます。
その間は、皮脂が過剰となりお肌が荒れやすくニキビもできやすい期間と言えます。

さて、思春期の間であれば、成長ホルモンがかなり分泌されることで体の発達が追い付かずにホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果、皮脂分泌も盛んになるため、ニキビができやすくなるのです。
しかし、大人になってからは思春期ほどのホルモンバランスの乱れは起こりません。
そのため、ホルモンバランスもコントロールできるようになり、自然と皮脂量もコントロールできるようになります。
ニキビかも?と思った時には、できるだけ初期のうちにケアを行うことで自然治癒が期待できます。
もちろん、生活習慣の乱れや睡眠不足、食生活の乱れなど、ホルモンバランスが乱れる原因があれば、それを改善することがニキビ対策の秘訣となります。

洗顔によって酒さは治るのか

肌トラブルの一つに酒さというものがあります。
この酒さと呼ばれる状態は、小鼻付近に多くみられます。
もともと肌の中には毛細血管が発達しており、肌の外部から見てみると肌が赤みを帯びて見えます。
この赤みですが、毛細血管が拡張することでさらに色味を増してしまいます。
また、毛細血管が開くことで火照ったり、かゆみを感じることもあるくらいです。
そして、この酒さが悪化すると、赤みや粥ん身に加えて毛包性丘疹というできものに変わっていきます。
一見すると白ニキビのように見えるこの毛包性丘疹は、状態によっては膿疱と呼ばれる赤ニキビのような状態となります。
さらに放っておくと、毛穴が広がり、ミカンのようなざらざらとした状態になります。
この状態はニキビと見た目には同じなのですが、決してニキビではありません。
そのため、ケアもニキビとは異なっています。
ただ、見た目がニキビと似たものであることは確かです。
しかし、発生する年代が30代から50代と比較的高齢者に起こってきます。
もちろん、ニキビかどうかの判断は専門医である皮膚科医に任せる必要があります。
さて、この酒さができやすい人ですが、思春期ににきび持ちだったり大人ニキビが良くできるという人がなりやすい傾向にあります。
それもそのはず、ニキビで肌が傷ついてしまうと、毛細血管が拡張してしまいます。さらに毛穴では過剰に皮脂分泌が発生してしまうのです。
すると、皮膚組織が弱ってしまって酒さになってしまうのです。
そのため、洗顔を頻繁に行ったところで、酒さは改善されません。
酒さの治療にあたっては、専門のケアが必要となるので、皮膚科医に相談することがおすすめです。
ニキビの洗顔方法や洗顔クリーンのおすすめアイテムのことが気になったなら、
ニキビに効く洗顔料ナビで調べたらいかがでしょう。⇒ニキビに効く洗顔料 おすすめ