ホルモンバランスの崩れとニキビができる原因

ニキビが治らない大人への指南書

ホルモンバランスの崩れとニキビができる原因

ホルモンバランスの崩れとニキビができる原因についての紹介をします。
とくに、いわゆる大人ニキビで悩んでいる方の中には、「大人ニキビは、ホルモンバランスの崩れや乱れが原因だ」なんて言葉を聞いたことはありませんか。これは本当なのでしょうか?また、なぜ、ホルモンバランスが崩れると肌にニキビができてしまうのでしょう?
ニキビの根本的な原因は毛穴につまった余計な皮脂ですが、この皮脂の分泌を促したりコントロールしたりするのが性ホルモンです。
思春期になると男性は男性らしく、女性は女性らしくと体が成長し性ホルモンの分泌が盛んになります。男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進させる役割があるため、男性ホルモンが多く分泌されると皮脂の分泌も増え、ニキビになりやすいのです。また、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)にも、皮脂の分泌を活発にさせる働きがあります。プロゲステロンは排卵?月経までの約2種間の間に分泌が多くなりますので、この間にニキビができやすくなると言われています。
思春期の場合、体が成長に追いつかず、一時的にホルモンの分泌がアンバランスになることでニキビができてしまいます。この場合は、成長が収まるとホルモンの分泌をコントロールできるようにあり、自然と皮脂量もセーブされますので、あまり焦ったり神経質にならずに、できたニキビを長引かせないように、早い段階でやっつけることに専念しましょう。
なお、あまりにもニキビが長期化してしまったり、大人になってもしつこくニキビができ続けたりするという場合、生活の中に、なにかホルモンバランスを乱す原因があるかもしれませんので、見直してみることが重要です。
ニキビ 治らない